自動車解体、中古部品販売、廃車手続きなら、R・E・P千葉我孫子店にお任せ下さい!事故車・不動車・解体車のご相談、自動車の買い取り、廃車引き取り無料! 

自動車解体

  • HOME »
  • 自動車解体

自動車解体は自動車リサイクル法により、さまざまな規約が設けられています。
自動車解体に関する知識を深める為にまずはこちらをご覧下さい。


使用済み自動車を再資源化基準(バッテリー、タイヤ、廃油・廃液の回収処理など)に従って
分解・処理することを「自動車解体」といいます。

自動車の所有者が所有権を手放す手続き(抹消登録)をおこなうことを廃車といいます。

自動車を廃車するためには通常2種類の方法があります。
自動車解体した後は必ず下記のステップ【1】永久抹消登録手続きをしなければなりません。

【1】 自動車を2度と使用できないように自動車解体した後、陸運支局で永久抹消登録手続きをする。
(道路運送車両法第15条)弊社入庫後10日前後で永久抹消が可能です。

【2】 自動車解体しないで、一時的に自動車を廃車状態にするため、陸運支局で一時抹消登録手続きする。
(道路運送車両法第16条)弊社入庫後すぐに一次抹消が可能です。


【自動車解体手続きの準備】

1. 車検の有効期間を確認する

車検証の「有効期間の満了する日」をご確認下さい。
車検の「有効期間の満了する日」を過ぎると公道は走れません。

【自動車の輸送代行】

車検切れ、または走行不可能な事故車などを理由に自動車の陸送をする場合、
移動距離にもよって5,000円前後からの費用がかかってしまいますが、当社ではすべて無料になっております。

部品の欠損等ございますと積み込みなどに時間が掛かりレッ カー代が高騰する事がございます。

ホイール等の返却は当社へ入庫後でしたら無料なのでご自身で外される前にまずはお気軽にお問い合わせ下さい。
基本的にはどんな部品でもご返却が可能です。(エアバックは廃棄物になるのでご相談下さい。)

無料で出来るもの、有償になってしまうものございますのでお問い合わせ下さい。

2. 車検証の有効期 間が過ぎている場合

車検証の有効期間が過ぎている場合は、自賠責保険の有効期間がまだ残っているかどうかを確認する必要があります。
自賠責保険の有効期間が残っている場合には、役所で仮ナンバーを申請すれば、その日のうちに公道で運転可能です。
一度当社へご相談下さい。

3. 希望日の打ち合わせ

お持込頂くにしろ、レッカー車を回送するにしろお客様のご希望の日時をお伺いしております。
可能な限りお客様のご意見を尊重致しますが、スケジュールの都合などございますので予め打ち合わせをしておく事がトラブル回避に繋がります。

【車輌引き上げ時にご用意頂く物(抹消登録をご自身でなさる場合)】

(1)車検証
(2)リサイクル券
(3)書類等送付先住所
(4)電話番号

【車輌引き上げ時にご用意頂く物(抹消登録を当方に委託される場合)】

(1)車検証
(2)リサイクル券
(3)書類等送付先住所
(4)電話番号
(5)印鑑証明
(6)実印

【車検証記載の住所と印鑑証明の住所が異なる場合にご用意頂く物】

住所変更一回の場合=住民票
住所変更二回以上の場合=戸籍のふひょう

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 04-7183-3155 営業時間8:00~18:00(日曜定休)







PAGETOP
Copyright © R・E・P リサイクルエコパーツ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.